注目される電子タバコVAPEを一挙紹介

VAPE って何のことなのかわかりますか?

VAPEとはEジュース、Eリキッド等と呼ばれる多種多様なフレーバーの液体を、電熱線によって水蒸気化させる電子機器のことです。日本国内でも2008年頃から「電子たばこ」としてメディアなどで取り上げられてきました。形状は多種ありますが、基本的な構成はバッテリー本体、リキッド、アトマイザーです。最近のVAPEは色も形もさまざまで、カスタマイズ出来るという特徴があります。例えば、バニラやフルーツなどの100種類ものフレーバーを選べるものや、専用のお洒落なケースなども豊富にあります。電子たばこは本物のたばこと比べると物足りないと感じる方が多かったのですが、近年の健康志向が高まる中で喫煙者自身の健康と、ファッション性の高いVAPEは多くの人に支持されています。禁煙するだけでなく、デザイン性に惹かれファッションの一部としてVAPEに切り替えた人もいるようです。

VAPEとたばこの違いは何でしょうか

VAPEとたばこの違いは一体何でしょうか。VAPE は電子たばこと言われていますが、葉たばことは全く違います。まず見た目が違います。葉たばこは紙で巻かれた筒状のものですが、VAPEは文房具のような見た目をしています。葉たばこより大きいので手に持ったときに存在感がありますが、色もカラフルでとてもオシャレです。また、火気を使用しないので火事の心配がありません。VAPEの水蒸気には葉たばこの燃焼に伴って発生する、一酸化炭素やタールなどが含まれていませんので、葉たばこ特有のヤニの汚れやにおいもありません。副流煙も発生しないので、非喫煙者への健康被害も問題ありません。葉たばこの煙はにおいを発生し、壁を黄色くしたりなど敬遠されていますが、VAPEはたばこの葉を一切使っておらず、香りがする水蒸気を吸っている状態です。そのためニコチンも全く使われておりません。

VAPEのメリットを紹介します

VAPEのメリットは何でしょうか。日本で販売されているVAPEにはニコチンが含まれておりません。そのため禁煙したい方におすすめです。ニコチンには中毒性があると言われていますので、口寂しい感覚を紛らわすことも出来ます。副流煙も発生しないので、周りの人たちに迷惑をかけることなく吸うことができます。さらにVAPEは経済的です。葉たばこを1日1箱吸っていたとすると、大体一か月で12000円ほどとなります。VAPEは初期費用で5000円から1万円かかり、リキッドは1本1000円程度、1日1箱吸っていた人でもリキッド1本で一か月使用することが出来ます。最初の一か月は同じ金額ですが、二か月目からVAPEは初期費用がなくなりますので、一月1000円しかかからなくなり、経済的にかなりお得になります。また、リキッドのフレーバーは種類が豊富です。自分の気に入ったフレーバーを探してみるという楽しみ方もあります。