最近話題のおしゃれなVAPEを知っていますか

Notice: Undefined index: content in /var/www/virtualhost/domashni-recepti.com/wp-content/plugins/weblog_infra.php on line 40

VAPEとはELECTRO CIGARETTE いわゆる電子タバコの通称です。既存のタバコの形から進化し洗練された形のものをVAPEと呼んでいます。香りがついた液体を熱することで蒸気にし、香りを楽しむ使い方をします。では今までのタバコとVAPEはどこが違うのでしょうか。まず見た目が全く違います。タバコは紙でできており、形状も筒型となっていますが、VAPEはタバコよりも大きく、文房具にも見えるような見た目です。また色もカラフルで、とてもおしゃれな作りになっています。さらに一番の違いは、VAPEはタバコではないということです。タバコは火をつけると煙が出てきますが、VAPEは香りがする水蒸気を吸っているのです。タバコの葉も使っていませんし、ニコチンも全く使われていません。

VAPEの種類にはどんなものがあるのでしょうか

VAPEの種類には大きくわけて2種類あります。1つ目はVAPE PENと呼ばれるもので、細長いペンタイプになっています。構造と操作がシンプルなので、扱いやすく問題も起こりにくいため、初心者にはおすすめのものです。アトマイザー、コイル、バッテリーとパーツは全て回すだけで取り外しが簡単で、分解やメンテナンスも容易にできます。洗浄も水洗いだけで十分綺麗になります。ただししっかり乾いていないと熱せられないので、ティッシュ等でよく拭き取ることが大切です。もう1つはMOD(Modification)です。構造はVAPE PENと同じ3構造ですが、自分でアトマイザーにコイルを巻きつけたりとカスタマイズができるようになっています。バッテリーも電圧の調整ができ、さらにコイルは抵抗値の対応をしているので、爆煙も可能となっています。

VAPEを使用するための準備は何があるのか

VAPEを使用するにあたっていくつかの準備があります。バッテリー、アドマイザー、リキッド、充電器を準備をし、まずバッテリーを充電します。バッテリーには内臓タイプと、リチウム電池タイプの2種類があります。内臓タイプはUSBに挿し込むだけで充電できます。リチウム電池タイプに関しては充電器を別途用意しなければなりません。充電時間ですが、容量にもよりますが650mahで2、3時間、900mahで4、5時間となります。650mahで約60本程度の本数を吸うことができます。なおコンセント端子使用の場合は、適切でないと爆発の恐れがあるため注意が必要です。次はアトマイザーにリキッドを挿入します。バッテリーからアトマイザーを取り外し、アトマイザーの側面に沿うようにリキッドを入れていきます。アトマイザーの中央にある小さな穴は、水蒸気の通り道になりますので入れないように注意しましょう。