VAPEの使い方 わかりますか

VAPEの使い方を説明します。充電並びにリキッドのセットを行ったら、まず初めにVAPEの電源を入れます。電源はバッテリー部分についています。機種にもよりますが、数回押すと電源が入るものが多いようです。次にファイアボタン、もしくはパフボタンと言われるボタンを押しながら、蒸気を吸いこみます。なお吸わないでボタンを押し続けてしまうと、コイルが故障してしまうので注意が必要です。吸い終わったら、ボタンを数回連続して押すか、長押しをして電源を切ります。VAPEの多くには可変電圧機能が付いているので、ボルトやワットを変えることもできます。電圧が変わると蒸気の量が変わる、味わいが変わるなどの変化が楽しめるので、自分の好みでいろいろ試してみるのも楽しいでしょう。また最近では温度管理モードがあるVAPEも増えてきています。

VAPEの吸い方にはどのようなものがあるのか

VAPEの吸い方にはいくつかあります。吸い方を変えることによって、味や吸い応えに違いがでてきます。例えばアトマイザーへ入れる空気の流入を変えることにより、軽い吸い応えや、逆に重い吸い応えにすることもできます。吸い方も蒸気を一度口の中で溜め、それから肺に入れて吐き出せば、じっくり味わうことができます。口に溜めることをしないで、深呼吸をするように吸って吐けば、蒸気を吸う量が多くなるのでダイナミックな味、香りを楽しめます。肺に入れずに吸う吸い方もあります。これは口の中のみで蒸気を溜めて、肺には入れずにそのまま吐き出す方法です。肺に入れないので、蒸気の味、香りが薄くなりません。また口から出さずに鼻から出す方法があります。これは今までタバコを吸った経験がない人でも、抵抗なく吸うことができます。

VAPEのメリットはどんなものがあるのか

タバコに比べ、VAPEのメリットはたくさんあります。まず日本で発売されているVAPEには、ニコチンが含まれておりません。ニコチンは中毒性がとても高いものですので、VAPEは禁煙したい人におすすめです。また副流煙が発生しませんので、他の人に迷惑をかけることもありません。さらに経済的にも節約ができます。普通のタバコだと1日1箱吸ったとして、1ヵ月で約12,000円かかります。VAPEも1ヵ月目は、初期費用、リキッド代含めて約12,000円ほどかかりますが、リキッドは1本で約1ヵ月使用することができるので、次月からは1カ月約1,000円と3日間分ぐらいのタバコ代で、1ヵ月楽しむことができるのです。また香りもニコチンの臭いとは違い、VAPEには柑橘類などのフルーツの香りや、スイーツに香りなど、女性にも楽しめるものが豊富にあるのも魅力です。