VAPEの使い方や使用上の注意点

VAPEとは、電子タバコのことをいい、香りのついた液体を熱し、蒸気にした香りを楽しみます。VAPEの使い方や注意点について説明します。リキッドを煙に変えるのに必要な熱を与えるのが、コイルです。コイルを熱するためには、電源ボタンを1~2秒間押します。ボタンを押しながら、吸い始めます。ボタンを長く押せば、コイルはその分熱くなりますが、熱くなり過ぎて焦げ付くことがあります。また、煙が発生し過ぎ帰化し、アトマイザーの中で冷えて再び液体に戻ってしまいます。その液体が口の中に入ってきたり、バッテリーをショートさせる場合もあるので危険です。その場合は、アトマイザーを外してキレイにする。香りがついた液体をリキッドといい、リキッドには種類がたくさんあります。リキッドで注意したいことは、子供の誤飲です。カラフルでキレイな色、甘い香りがするのもあるので、取り扱いに注意が必要です。

VAPEのメリットとデメリット

VAPEのメリットは、煙の量が多いので、ニコチンが入っていなくてもまるでタバコを吸っているかのような感じになることです。次に、リキッドの種類が豊富であることです。リキッドにより、味を楽しんだり、タバコを吸っているような、感じになります。ニコチンが入っていないので、非喫煙者でも味を楽しめ、タバコの苦さがないので、タバコを吸ったことがない人でも、気軽に吸えます。次に、煙が臭かったり灰が出ることがないので、全身が臭くなったり、服が汚れたりしないことです。VAPEのデメリットは、知名度がそんなにないことや、煙の量が多く、サイズも大きめの物が多いので、日本では目立ってしまう。次のデメリットは、健康的なものとは言えないことです。本物のタバコに比べれば、タール、ニコチンなどが含まれず、害はほとんどありません。しかし、リキッドに含まれる成分が体に害がないとは言えないため、健康的な物とは、言えないのです。

VAPEで使用するリキッドの種類

VAPEのリキッドには、たくさんの種類があります。その中の、いくつかを紹介します。大きく分けると、フルーツ系リキッド、スイーツ系リキッド、メンソール系リキッド、ドリンク系リキッド、その他のリキッド、ニコチン入りのリキッドです。フルーツ系リキッドには、ストロベリー・オレンジ・グレープフルーツ・レモン・グレープ・マンゴー・スイカ・メロンなどがあります。スイーツ系には、チョコレート・キャラメル・バニラ・メイプルシロップ・アップルパイ・チーズケーキなどがあります。メンソール系は、ミント・メンソール・ウルトラメンソール・ハイパーメンソールなどがあります。ドリンク系は、コーラ・レッドブル・ドクターペッパーなどです。その他には、実際のタバコの銘柄や、お酒のカクテルなどもあります。ニコチン入りのリキッドもありますが、日本では法律的に製造、販売が禁止されています。このように、リキッドは本当に種類が豊富です。